忍者ブログ
うさぎの疾風と次元のときどき日記
どうしても疾風を抱っこできません。

7年も経って、やっとごくたま~に、膝の上にのっけてナデナデすることができるようになったと喜んでいたところです。


だから本当は嫌われたくないし、ストレスも与えたくはないんですけど、毎日ソアホックのお薬を塗らないといけません。


疾風は後ろ足の裏を触られると、即座にビクッと足を引っ込めます。
その一番触られて嫌だと思われるところに薬を塗るのは大変です。


仰向け抱っこも片手抱っこもできないので、疾風がゴロンと足を投げ出して寝そべったところを、さりげなく寄り添ってナデナデしながら、後ろ足のかかと部分に薬を塗る作戦でいきます。


文章で書けば簡単そうですが、薬が毛にしか付かなかったり、チャンスをうかがっているうちに指につけておいた薬が乾いてしまったりするので、なかなかうまくつけられないんですよ。


遊び時間を丸々使ってようやく成功するか、ついてなかったかもしれないけどつけたことにするというような日々を送っています。









「また足を触ろうとしてるでしょー。」



今日は通院日で、左足の方が潰瘍になりかかっているということでした。

とにかく、最低今の状態を保つということで、様子を見ていくことになりました。


疾風のケージの中は、下はスノコの上に『休息マット』を敷いて、

上の段は、冷え冷えボードをとり、この前買って気に入ってもらえなかったラグマットを置いています。


のぞいてみると、休息マットやラグマットを避けて座ってることが多いような気がします。
そこんところ、どうなんでしょう、疾風くん?






疾風について心配なことは他にもあって。

最近オシッコでオシリが汚れていることが数回ありました。
ほんの少ししっぽの毛がカピカピしてたり、足の毛まで濡れていることがあったり。

それと、良くなったと思っていた涙もまた流れていることがあったり。



病院の先生にお話してみたところ、「新しい子が来たからかな~。そうであれば、時間が経てば解決しますよ」と言われました。


ああ、やっぱり、そうなのかな。


遊び時間が終わった疾風をケージに入れて、わたしが次元の方で遊んでいると、じーっと見てるなとは思っていたのですけど、やっぱり、そうなのかな?



疾風と次元の環境についていろいろ考えて、わたしが次元と遊ぶ時には疾風からは見えないように、ダンボール板で仕切ることにしました。



うさぎさんを複数飼いするのは、思ったよりもずっと大変でした。
いろんな心配事や小さなトラブルがあって、なんだか飼い主としての自信がなくなってきている今日この頃なのです。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
牧草のこと(返信済)
(12/04*ぱめさん)
牧草のこと(返信済)
(12/02*mariさん)
(10/08*かおれっずさん)
(09/12*ゆりかさん)
(09/12*ゆりかさん)
モテ男くん(返信済)
(08/31*mariさん)
写真集 *haYate*


2013年10月まで見られます

(まだ見ることができるようです)
ランキングに参加してます
カウンター
プロフィール
HN:
うーぱー
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
 
 
 うさぎ ■ 疾風(はやて)
     2001年3月20日生
     ネザーランドドワーフ
     色:トート
     特技:おまわり
     2010年8月13日お月様へ
      (9歳4ヶ月24日)

     ■ 次元(じげん)
     2008年4月7日生
     ホーランドロップ
     色:ブルー
     特技:ボール遊び
 
 カメラ ■ Nikon D5300
 レンズ ■ AF-S NIKKOR 50mm 1.4G
      ■ AF-S NIKKOR 55-300mm
      ■ TAMRON SP AFDi90mm
アクセス解析
バーコード
ブログ内検索
アフィリエイト



写真集はこちらで作りました


アーカイブ
忍者ブログ [PR]